×閉じる

MJG CHALLENGE FILE008
杉田菜沙さん

杉田 菜沙さん

クラブ選抜コース3年(横浜市立日吉台中学校出身)

-チアリーダー部 2017年戦績-
・JAPAN CUP 日本選手権大会 優勝
・全日本高等学校選手権大会 準優勝
など

小学生の頃からチアリーディングをはじめ、現在はチアリーダー部のキャプテンを務める杉田さん。間近に迫ってきたJAPAN CUPでの日本一にかける熱い気持ちを語ってもらいました。

常に笑顔で、常に全力

-どうして箕面自由学園を選んだのでしょうか?

 体験会に参加したときに、先輩達がとても気さくでやさしくて、あたたかいチームだなと思いました。学園内でもあいさつをする人が多くて気持ちのいい学校だと感じたので入学を決めました。

-チアリーディングにとって大切なことは何ですか?

 やはり誰かを応援することから始まった競技なので、常に笑顔でいること、声を大きく出すことが大切です。

 演技の時だけやろうとしても自然な表現にはならないので、日頃の練習から笑顔と声は常に意識しています。

杉田菜沙さん

現在は3年生17名 2年生20名 1年生28名 計65名で活動中
(2018年7月時点)

-箕面自由学園チアリーダー部の特徴は何でしょうか?

 常に日本一に向かってみんなが熱いことです。「絶対日本一になる!!」という強い気持ちを持って何事にも全力で取り組み、目標を達成できる強さがあると思います。あとは見てくださる、応援してくださる方に伝えたいものを届けるため、常に笑顔で全力で演技をすることを心がけています。

この一本を決めきるために

-日本一に向けて、キャプテンとして気をつけていることはありますか?

 日本一になるためには、やはりミスをしてはダメです。どんな状況でも成功させる自信をチーム全員が持たなければなりません。そのためにはやはり集中力が大切で、ふだんの練習から次が最後の一本だと思って、決めきることにこだわって取り組んでいます。

 また今年のチームは1年生から3年生までバランスよく入っています。その分経験が浅いメンバーも多く、うまくいかなかったときに気持ちに波ができやすいので、常に前向きになる声かけを行うように気を配っています。

-今あなたがチャレンジしていることは何ですか?

 あらためてですが9月のJAPAN CUPで日本一になることです。

 サポートにまわってくれているメンバーもいます。日本一になって全員が笑って大会を終わることが、みんなに一番の感謝の気持ちを伝えることになると思うので、絶対に勝ちたいです。

-中学生の皆さんにメッセージをお願いします

 チアリーディングは難しそうに見えるかもしれませんが、初心者でもできるスポーツです。実際に箕面自由学園は他校に比べて初心者が多いと思います。本気でやってみたいと思った人はぜひ体験をしに来てください。お待ちしています!

杉田菜沙さんのスクールLIFE

チアリーダー部の生徒はよく「決めきる」という言葉を使います。細部までこだわり、最後の最後まで気を抜かない、あきらめないという思いが伝わってきます。杉田さんを先頭にチーム一丸となり、必ず日本一になれると信じています。GO BEARS!

(2018年7月取材)