×閉じる

MJG CHALLENGE FILE009
浦野玄太さん

浦野 玄太さん

クラブ選抜コース3年(箕面自由学園中学校出身)

-アメリカンフットボール部 2018年戦績-
・関西高等学校アメリカンフットボール大会 ベスト4
・大阪府高等学校アメリカンフットボール春季大会 優勝

はじめて見た時にカッコイイ!と思い、小学生から始めたアメリカンフットボール。現在は強化クラブであるアメリカンフットボール部のキャプテンとして日本一を目指している浦野さんに話を聞きました。

本気で日本一を
めざせる環境がある

-箕面自由学園アメリカンフットボール部の特長は?

 まずはチームのみんながお互いに信頼し、切磋琢磨しながらともに戦えるチームだということです。また本気で日本一をめざせる環境が整っているところも魅力です。

-春の大会では関西大会ベスト4まで進出できました。
 要因はどのあたりにあったでしょうか?

 接戦が多かったのですが、ギリギリの勝負になったときに、踏ん張れるメンタルの強さがあったと思います。勝負強さが今のチームの強みの一つだと思います。

 これは普段から負けている場面、接戦になった場面を想定し、さまざまなシチュエーションをイメージしてチームの練習を重ねてきた結果だと思います。ワンプレーの大切さを全員が意識して、集中できるようになってきています。

浦野玄太さん

現在は3年生19名 2年生14名 1年生16名
マネージャー5名の計54名で活動中(2018年7月時点)

-キャプテンとして気をつけていることはありますか?

 部員の半数ほどはアメリカンフットボールに関しては初心者で入部してきますので、彼らが理解しやすいように考えて、練習やプレーの指示を出しています。

チーム全員が
レベルアップすること

-あなたが今チャレンジしていることは何ですか?

 秋の大会でのチームの日本一です。

 大会を勝ち進んでいくにつれ、どうしてもコンディションが悪いものが出てきます。その時に交代で出ていく選手のレベルが下がってしまうと、チーム全体がうまく機能しなくなりミスの連鎖が起きてしまいます。なので、チーム全員のレベルアップが日本一へつながると考えています。

 そのために、常に周囲に目を向けることを心がけています。自分だけの世界でプレーせず、チーム全員がまとまってプレーできるように声かけをしています。

 チーム一丸で日本一を勝ち取りたいと思います。

-将来の夢は何ですか?

 大学でもアメリカンフットボールを続け、将来はアメリカンフットボールに関わる仕事に就きたいです。

-中学生の皆さんにメッセージをお願いします

 自分の思った道を諦めず突き進むことが大切だと思います。高校時代に打ち込めることを探しているなら、アメフト部ゴールデンベアーズでいっしょに日本一をめざしませんか。サッカー、テニス、野球、水泳など中学時代は違うスポーツをやっていたメンバーも活躍しています。まずは見学、体験に来てください。待っています!

浦野玄太さんのスクールLIFE

併設中学校から進学している浦野さんは、この2年あまりで頼もしいキャプテンとして大きく成長していました。何事にも一生懸命取り組み、学園行事も盛り上げてくれるアメフト部の生徒たち。浦野さんを先頭に明るくチーム一丸で日本一を掴み取ることを期待しています。

(2018年7月取材)