×閉じる

Ⅰ類 特進 スーパー特進コース・特別進学コースⅠ Ⅱ

充実した3年間のプログラムの中で学力を最大限に伸ばし、難関国公立大現役合格をめざします。
2年次より文系・理系に分かれ、希望大学合格に向けたきめ細かな指導を実施しています。

Ⅰ類 特進 スーパー特進コース・特別進学コースⅠ Ⅱ Ⅰ類 特進 スーパー特進コース・特別進学コースⅠ Ⅱ

充実した3年間のプログラムの中で学力を最大限に伸ばし、難関国公立大現役合格をめざします。
2年次より文系・理系に分かれ、希望大学合格に向けたきめ細かな指導を実施しています。

コースの特徴

1

インプットとアウトプットのバランスを考えた授業

ふだんの授業はもとより、生徒が発表する機会を多く設けています。ただ暗記するだけの受動的な学習ではなく、暗記した知識を理解し応用性を高め、それを他者のために役立つものとして説明できるレベルまで指導します。

2

ポートフォリオに貯めていく深みのある体験型の授業や行事

一般企業で活躍する社会人との交流会、ヤングアメリカンズというミュージカルを短期間に完成させるイベントなど、体験型の行事も豊富です。こうした体験の振り返りを重視し、多様な価値観を培っていきます。

3

課外活動と学習の両立を最大限サポート

デザインタイムやスタディサプリを活用した自宅学習システムなどの自由度の高い学習環境で、あらゆる課外活動と学習の両立をサポートします。また、朝の自学自習の会や早期講座など生徒の状況に応じた個別対応ができるのも特徴です。

4

豊富な受験指導経験を誇る教師陣のきめ細かな指導

東大・京大・難関国公立大学合格へと生徒を導いた経験豊富なベテラン教員がそろっています。生徒一人ひとりの弱点を見極め、長所を最大限に伸ばしていく。生徒の近くにいて寄り添う指導で志望校合格を実現していきます。

時間割例

時間割例
時間割例

プラスカリキュラム

  • 勉強合宿

    勉強合宿

    夏季休暇中の勉強合宿では集団生活を通じて規則正しい学習習慣の確立と自学自習力を身につけることを目標にしています。

  • 豊富な進路情報

    豊富な進路情報

    全国の大学・企業などから講師を招き、最新の進路情報を提供。毎年変化する入試制度や社会の動きを知り進路決定に役立てます。

  • 多様な自主研修

    多様な自主研修

    大学訪問や社会見学に加え、韓国研修や東北研修など、自分の新たな視点を持つために多様な自主研修の場を設定しています。(希望者)

  • 長期休暇中の特別授業

    長期休暇中の特別授業

    春季・夏季・冬季それぞれの長期休暇には特別カリキュラムでの講習を行います。テーマ別、志望校別など多様な講座を準備しています。

在校生VOICE

  • 一階 想史

    スーパー特進コース
    一階 想史
    (箕面市立第三中学校出身)

    難関国公立大学を目標とするスーパー特進コースでは、生徒一人ひとりがそれぞれ目標を高く設定し、日々努力を続けています。長期休暇中の講習、そして夏季勉強合宿をとおして、目標実現のための学習習慣をつくることができ、また先生方の手厚いサポートも学習において大きな助けとなっています。互いに競い合える仲間とともに目標達成をめざす3年間はきっと有意義なものになるでしょう。

  • ライン
  • 渡辺 楓菜

    スーパー特進コース
    渡辺 楓菜
    (豊中市立第七中学校出身)

    私が所属するスーパー特進コースはデザインタイムでの授業や自習があり、勉強に重点を置いたコースです。授業を通じて先生から教えてもらうのはもちろん、生徒どうしで教え合ったりもします。クラスにはお互いに質問がしやすい雰囲気があります。また学期終わりのデザインタイムや勉強合宿などでは、先生方が企画してくれた楽しい行事もあり、メリハリのある生活が送れます。

  • ライン
  • 冨田 明耀

    特別進学コースⅠ
    冨田 明耀
    (吹田市立青山台中学校出身)

    特別進学コースⅠでは、朝学習や放課後学習があるので勉強をする習慣が自然とついていきます。また定期的に大学の先生方による講演会があるので、大学受験のシステムや気持ちの持ち方などもしっかり学ぶことができます。このコースでは学力はもちろん受験に向けたいろいろな準備がしっかりできると思います。

  • ライン
  • 井上 京香

    特別進学コースⅡ
    井上 京香
    (豊中市立第四中学校出身)

    特別進学コースⅡでは勉強と部活の両立が可能です。勉強面においては朝の8時から教室が開放されており、始業時間までしっかりと勉強することができます。放課後のデザインタイムでは講習を受けたり、クラブに参加したり、自分で決めることができます。私は女子ハンドボール部のキャプテンをしており勉強と部活の両立で大変なことはたくさんありますが、納得できる進路に進むため日々頑張っています。