学園トップ箕面自由学園高等学校 > インフォメーション&トピックス 一覧

インフォメーション&トピックス 一覧

高校2年生、車椅子バスケットボールを体験

2月14日(木)の5・6限に、高校2年生は人権ホームルームの一環として、「車椅子バスケットボール」の体験授業をおこないました。 

 

ホームページ用01.JPG

まず、講師の福西拓也氏(大阪府立障がい者交流促進センター スポーツ事業課)からパラリンピックや障がい者スポーツがどのように発展してきたかを聞きました。 

車椅子一つとっても、軽量化や競技ごとの最適化などが分かり、たいへん興味深かったです。

 

そして、実際に車椅子バスケの体験です。 

ホームページ用036.JPG今回は、各クラスから2名ずつ生徒が選ばれ、みんなで5名1組のチームをつくり、実際に試合をしました。

右手でドリブルし、左手で車椅子を操作する、というのが誰にとっても初めての体験だったので、ドリブルがうまくいかずにボールが転がっていったり、パスをしても追いつかなかったり、とてんやわんやでした。

ホームページ用043.JPG

しかし初ゴールが決まったころから、みんなのプレーが繋がるようになり、得点のたびに大きな歓声が上がりました!

 

初めての車椅子バスケットボール体験をとおして、「スポーツの楽しさ」は平等に享受できる、ということを学ぶことができたのではないかと思います。



PAGETOP

幼稚園 小学校 中学校 高等学校