×閉じる

卒業生VOICE

神戸大学 経営学部
塩崎 逸人さん
(スーパー特進コース 2022年卒)
豊中市立第十一中学校出身

勉強や学校行事は友達と協力し合い、すべてにおいて一生懸命に取り組むことができました。2年生、3年生の行事はコロナ禍ではありましたが、その中でも全力で楽しもうとみんなで考え取り組んだため、修学旅行や体育祭、文化祭はとても印象に残っています。

また、中学時代には経験できなかった韓国研修や北海道研修を通して、たくさんの海外の友達ができたり、地域の人々の話を聞くことができてすごく刺激を受けました。

デザインタイムでは、グローカルリーダープログラムを通じて、プレゼンテーションのスキルなどを身につけることができました。志望校合格については、朝学習や授業後にしっかりと復習や予習に取り組むことができたのが良かったと感じています。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

何事にも全力で取り組み、生徒全員が前を向いて目標に向かって頑張ることができる学校だと思います。

関西学院大学 総合政策学部
塩田 隆樹さん
(特進コース入学 → スーパー特進コース 2022年卒)
豊中市立第三中学校出身
ハンドボール部所属

高校では、授業以外の時間の使い方を大切にしていました。学校ではみんなが同じように努力していますので、朝や放課後からの時間が勝負だと思っていました。成績を伸ばすために、朝は誰よりも早く学校に行って、放課後は最後まで残って勉強しました。通学時間や髪を乾かすときの隙間時間も無駄にせず、iPadに入っているキクレコというリスニングアプリを聞くなどの工夫していました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

箕面自由学園で過ごした3年間、常に先生方のサポートがありました。学校行事は全力で手伝っていただきましたし、クラブ活動も本気で応援してくださりました。進路相談では付きっきりで1日中話を聞いていただき、自分のスイッチが切れかけているときには優しく背中を押してくださりました。そういった先生方のサポートの中、頑張り次第でいくらでも成長できる環境だと感じました。皆さんも受験が終わった後「これ以上はできなかった!」と思える高校生活を送ってください。

同志社大学 政策学部 政策学科
加藤 つむぎさん
(スーパー特進コース 2022年卒)
豊中市立第二中学校出身
アコースティックギター同好会所属

高校生活では、どうすればコツコツ勉強ができるか、自分はどう成長すれば良いのかを考えながら自分なりの工夫をしていました。教室や図書室、屋上へ続く扉の前のスペース、食堂前のスペースなど、そのときに集中できると感じた場所で勉強したり、模試で間違えた箇所をまとめ、1日1時間徹底的に復習したりしました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

箕面自由学園は進路指導が手厚く、自習時間も朝・夜・日曜日とたくさん設けられているので、コツコツ努力をしたり、時間通りに朝学習に来るのが苦手な生徒でも「気がついたら勉強をしている」という環境が整っています。

他には、校長先生を含め先生方が素敵で学校の雰囲気がとても良いこと、校内の室温がいつも適温であること、勉強、読書、考えごとにも最適な図書室、お弁当がないときに助かるセブンイレブンの自販機などが私のおすすめポイントです。

大阪工業大学 情報科学部 情報メディア学科
菊嶋 凛さん
(特進コース 2022年卒)
大阪市立新北野中学校出身
バドミントン部所属

クラブ活動に一生懸命取り組んできたことで、技術面も精神面も大きく成長できたと思います。コロナの影響で夏休みの練習が1週間しかできないという事態になりましたが、みんなで協力して練習したおかげで納得のいく試合を行うことができました。

放課後には、物理のデザインタイムを取っていました。先生が基礎からもう一度教えてくださり、自分の苦手なところや、ミスが多いところを再確認できました。VRにとても興味があるので、大学ではVR関係の研究室に入りたいと思っています。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

先生方は、いつでも私たちのことをしっかり見てくださっていますし、いつも生徒のことを考えています。その点は箕面自由学園の特長だと思います。コロナ禍でも先生方や生徒会が工夫し、なんとか学校行事も行うことができました。一つひとつの開催に想いがこもっているからこそ、通常で行う行事とはまた違った楽しい思い出になりました。

鳥取大学 農学部 生命環境農学科
吉村 琉里さん
(スーパー特進コース 2022年卒)
豊中市立第一中学校出身

高校3年間で、勉強を一番頑張りました。学校を最大限に活用し、朝学と放課後の時間は基本的に毎日学校で勉強しました。でも一人で勉強していたわけではなく、友達とお互いにわからないところを教え合ったり、休憩中にはおしゃべりをしたり、一つのことに向かってみんなで頑張ってきたことが高校生活の一番の思い出です。

勉強を頑張ることで、夢をあきらめずに目標のために頑張り続ける力や忍耐力はすごくついたと思います。英語を話せるようになるのも目標の一つでしたが、卒業の頃にはネイティブの方とスムーズに会話できるようにまでなりました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

箕面自由学園は何事も生徒まかせにするのではなく、先生方が積極的に勉強やメンタル面のサポートをしっかりしてくださるので、勉強にやる気が出ないと感じている方も、箕面自由学園なら頑張ることができる環境が整っていると思います。

関西学院大学 人間福祉学部 人間科学学科
桑野 愛子さん
(スーパー特進コース 2022年卒)
豊中市立第十四中学校出身
ハンドボール部所属

私は周りの人より学習ペースが遅いことに加え部活動もしていたので、空き時間を見つけて少しでも多くの勉強時間を取るように心がけていました。勉強は質も大切ですが、量はもっと大切で、量をこなしていけば自然と質も伴っていくと感じました。

コロナウイルスの流行をきっかけにすごく感じたのは、友達との何気ない会話をしていた時間がすごく大切だったということです。高校3年間の一番の思い出は、友達と笑って泣いて過ごした日常の毎日でした。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

箕面自由学園高校の一番の特長は先生方です。本当に個性豊かで親しみやすく、信頼できる先生方がたくさんいるというところがおすすめポイントです。箕面自由学園の先生方は生徒に大きな夢を持たせてくれて、夢を叶えるためのアドバイスや支えを一生懸命にしてくださります。こんなにも生徒一人ひとりと向き合い大切にしてくださる学校は数少ないと思います。

横浜市立大学 国際教養学部 国際教養学科
三浦 ひなたさん
(特進コース入学 → スーパー特進コース 2022年卒)
箕面市立第一中学校出身
女子ダンス部所属

高校生活では失敗を恐れず、新しいことや、やりたいと思ったことはできるだけ挑戦することを心がけました。文化祭と体育祭にも全力で取り組み、2年生、3年生で優勝を含むすべての賞をいただいたことは最高の思い出です。普段は勉強を頑張り、遊ぶときはクラスで団結して思いっきり遊ぶというように、メリハリをつけることで学校のイベントをより楽しむことができました。

志望校合格に向けては、やる気が出なくても朝早く学校に行って、まず席に座るようにしました。友達も朝学習に来ていたのでそれが励みになりました。共通テスト対策では、苦手科目をとくに頑張るようにしました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

先生方が話しやすくおもしろいので、悩み相談などは気軽にしてほしいです。また箕面自由学園では、語学留学や研修など良い経験になるイベントがたくさんあるので、ぜひ参加することをおすすめします。

京都府立大学 文学部 歴史学科
山蔭 晴人さん
(スーパー特進コース 2022年卒)
箕面市立第四中学校出身

高校で最も力を入れたのは勉強です。中学生のときは、気が向いたら勉強するという感じでしたが、高校生になってからは毎日机に向かい、始める時間を決めて勉強をしました。志望校合格に向けては、自由登校になってからもとにかく毎日登校して、朝早くから放課後7時まで学校で勉強しました。私は英語が特に苦手だったのですが、クラスで最下位になったのをきっかけに、英語を集中的に勉強しました。苦手なことから逃げず、コツコツと根気強く向き合う忍耐力が鍛えられたと思います。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

中学生とは違い、高校生になると将来なりたい自分の姿がより鮮明に見えてきます。めざす自分になるためにどうすれば良いか迷ったとき、先生方は熱心に指導し、具体的に自分の望む未来の実現方法を提案してくださります。箕面自由学園は、あなたのやりたいこと、学びたいことが実現する学校だと思います。

立命館大学 法学部 法学科
寺西 勇真さん
(特進コース 2022年卒)
豊中市立第三中学校出身
アコースティックギター同好会所属

僕は高校3年間勉強を頑張る中で、計画を立てることの重要性を学び、また一つのことに一生懸命に取り組むことができるようになりました。勉強は基本的には学校で完結させ、午前中は理系科目、午後は文系科目、放課後のデザインタイムでは英検の学習をするなど時間を区切って勉強していました。

またクラスメイトと4日間一緒に過ごした北海道の修学旅行はとても良い思い出で、ニセコでスキーを楽しむなどより仲が深まったと思います。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

勉強に熱心な先生方がたくさんいらっしゃるので、こちらが求めればいくらでも付き合ってくださるところがおすすめポイントだと思います。箕面自由学園には自分にあったカリキュラムや、デザインタイムなど独自のプログラムもあり、僕のように中学時代勉強をしていなかった人でも高校から巻き返すことが可能だと思います。

玉川大学 芸術学部 演劇・舞踊学科
柴嵜 歩美さん
(特進コース 2022年卒)
茨木市立西陵中学校出身

高校生活で頑張ったことは、積極的になることです。文化祭の出し物や修学旅行のレクリエーションなどクラスで話し合うときには、思いついたことは積極的に発言して周りの人と共有したり、「人前で話すこと」に慣れるためにキャンパスナビゲーターを務めるなど努力しました。また北方領土研究で体験者の方のお話を直接聞く機会があったときにも、参加を希望し、体験者の方から貴重な話が聞くことができました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

行事を楽しみながら受験を最後までやり切れるのは、箕面自由学園の大きな特徴だと思います。1年生の芸術祭では、入学後すぐ仲良くなったみんなと楽しみながら練習をし、同窓会賞までいただいたことはすごく良い思い出です。放課後の勉強や夏の勉強合宿は、そのときはつらいと感じるかもしれませんが、大学受験に本気になったときに「とても大切な時間だったんだ」と気づけると思います。

高知県立大学 看護学部 看護学科
松井 萌さん
(スーパー特進コース 2022年卒)
伊丹市立荒牧中学校出身

高校生活で頑張ったことは勉強です。入学時から受験を見据えていたため朝は7時半から、夜は19時まで残って自習をしました。受験期になると朝6時に学校に来ても副校長先生が教室を開放してくださっていました。7時半頃には多くの先生方が学校におられますし、放課後も遅くまで先生方が残ってくださっているため、その日に質問し解決することができました。

大学では看護師になるための勉強をし、さまざまなボランティア活動にも参加して、将来患者さんとそのご家族に寄り添える看護師になりたいと思っています。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

校長先生を筆頭に生徒思いの先生が集まる学校です。放課後のデザインタイムは「自分の人生をデザインする」という意味で、高校1年生のときは勉強以外の講座も多くあり自分の視野を広げられます。2・3年生では勉強がメインでレベルも幅広く設定されているので自分の苦手を克服したり、得意科目をより一層伸ばすことが可能です。

関西大学 経済学部
西川 葵さん
(特進コース 2022年卒)
箕面市立第三中学校出身

高校の定期テストでは各科目の順位や総合順位がはっきりわかるため、前回よりも順位を上げることがモチベーションとなり、中学のときにはなかった自宅学習の習慣が高校1年生から身につきました。受験前には友人と朝6時に登校して、日の出前から日没後まで学校で勉強をしていました。

また、友人達と模試後の自己採点をするときは、わからない所を教え合ったり、点数を言い合ったりすることで受験勉強へのモチベーションも上がりました。模試が終わった解放感も手伝って、採点しながら笑い合ったのも良い思い出です。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

自分の気持ち次第で思っていた以上に成長できますし、先生方がそのサポートを全力でしてくださる学校です。自習環境が整っていたり、自分で学ぶ内容を選択するデザインタイムがあったりと、それぞれの学びたいことにチャレンジできます。

同志社大学 文化情報学部 文化情報学科
西川 康太さん
(スーパー特進コース 2022年卒)
池田市立渋谷中学校出身

高校3年間での様々な学校行事が思い出に残っています。1年生の芸術祭では、予選を勝ち抜いてグランキューブ大阪で歌を歌うことができ、クラスの団結力が強まりました。体育祭で創作ダンスを踊って優勝したことや、文化祭のクラスの出し物でアラジンのブースをつくり、最優秀賞をとったことも良い思い出です。

志望校合格に向けては、朝7時半に登校する朝学習を2年生のときから始めて、放課後も19時まで残ってみんなで勉強しました。数学の先生が熱心に授業をしてくださり、最後まで頑張ることができました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

箕面自由学園は学生数が多いので、いろいろな人と出会うことができます。勉強や進路については、先生方が受験指導を手厚くしてくださるので、大学選びも円滑に進めることができました。

また箕面自由学園には日本一のチアリーダー部があるので、その演技を間近で見ることができたのもとても良い経験になりました。

長崎大学 工学部 工学科 構造工学コース
西村 ありささん
(スーパー特進コース 2022年卒)
池田市立渋谷中学校出身
アコースティックギター同好会所属

私は理系科目が元々あまり得意ではありませんでした。しかし、将来やりたいことが理系だったこともあり理系を選択しました。2、3年生での数学や理科はとても難しく、くじけそうにもなりましたが、先生方が熱心に教えてくださったおかげで無事第一志望校に合格することができました。

志望校合格に向けて、私はいつでも先生に質問ができる学校での自習を大切にしていました。朝は6時半から学校に行って自習をするようにしていました。ただ自習だけでは限界があったので、苦手分野克服には放課後のデザインタイムを活用しました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

箕面自由学園はすごく先生に質問に行きやすい環境が整っています。私が中学生の時は学校の先生に質問に行ったことはありませんでしたが、この学校に来て、授業でわからなかったことを授業後に遠慮せず質問しに行ったことが合格につながったと思います。

関西大学 環境都市工学部 都市システム学科
西田 有理花さん
(特進コース 2022年卒)
箕面市立第五中学校出身
女子ラクロス部所属

高校では、ラクロス部に所属していました。中学までは個人競技をしていて、高校生になって初めて本格的に団体競技を始めましたが、そこで仲間同士で声を掛け合い助け合って、一つのボールをシュートにつなげるという団体競技にしかない楽しさ、喜び、難しさを学びました。

勉強は、朝早くから学校が閉まるまで教室で自習し、デザインタイムや長期休暇中の講習に積極的に参加しました。志望校を決めた後は、自分の夢を叶えるために大学で何を学びたいのかを明確にし、「絶対にその大学に行くんだ」という意思を強く持つようにしました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

受験のサポートがとても手厚いところです。箕面自由学園は、3年生になるとほぼ毎日自習室として学校を開放され、たくさん講習が開かれます。進路や学業で悩むことがあれば、ぜひ自分から質問してください。熱心な先生方が全力で応えてくださります。

関西大学 法学部 法学政治学科
川村 和樹さん
(特進コース 2022年卒)
福岡市立姪浜中学校出身
テニス部所属(部長)

高校生活ではテニス部に所属し、部長を務めました。みんなをまとめるという経験がなく自信はありませんでしたが、周りのサポートもあり、大好きなテニスと勉強の両立を果たすことができました。人間的にもすごく成長できたので、テニス部のみんなにはとても感謝しています。

3年生になってからは毎朝7時に登校し19時に下校することで、朝2時間、放課後2時間半の自習時間を確保していました。難しい問題ばかり解くのではなく、何度も基礎問題を解いてから応用問題に臨むことで合格点に近づくことができました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

先生方のサポートがとても厚いと感じました。納得のいく進路選択のためにギリギリまで何度も面談をしてくださり、結果的に満足する進路選択をすることができました。さらに、同じ目標に向かう仲間も多く、切磋琢磨して頑張ることができました。勉強だけでなく学校行事もみんなで一つのものを作り上げることに達成感を感じました。

香川大学 医学部 看護学科
竹田 紗菜さん
(スーパー特進コース 2022年卒)
摂津市立第一中学校出身

私の将来の目標は、患者さんに信頼される看護師になることです。「目標のために私は志望する大学に絶対に行く」という強い気持ちをもって、高校3年間勉強してきました。

私の受ける大学の試験科目は、小論文と面接でした。小論文は、時間内で自分の考えをまとめて言葉にできるように過去問を解き、先生に添削をしてもらった後に自分で振り返りをしていました。面接も先生に練習していただきました。普段から最新のニュースをチェックするよう心がけ、先生からの質問に対しより深く考えるようにしていました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

箕面自由学園の大きな特徴の一つがデザインタイムです。自分の苦手な科目の講座をとったり、英検の講座をとったり、塾に行かなくても学校ですべての対策をしていただけるところが魅力です。自分が理解できなかったところの講座をとることで理解に繫がり、確かな知識を身につけることができます。

関西大学 経済学部 経済学科
辻岡 広陸さん
(特進コース 2022年卒)
豊中市立第十四中学校出身
ハンドボール部所属

勉強するうえで基本的に大事なことは、目標を持つことだと思います。目標の有無は勉強効率に大きく影響します。自宅には誘惑が多く勉強が捗らないので、学校で集中して勉強しました。3年生になってからは、先生にスマホを預かってもらい懸命に励みました。また、デザインタイムは学びが多く、復習にもなるので積極的に参加しました。

その甲斐あって志望大学に合格でき、「努力すれば結果はついてくるんだな」と実感しました。大学に合格したことを先生方に伝えたとき、まるで自分のことのように喜んでくれたことはとても印象に残っています。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

勉強をするのにとても適した雰囲気で、勉強を頑張りたい人にはこの学校はおすすめです。「進路指導にかけては右に出る者がいない」という先生もおられ、自分が真剣に取り組めばその分だけ応えてくださるので、進路面のサポートも充実しています。

武庫川女子大学 薬学部 薬学科
田村 美羽さん
(特進コース 2022年卒)
宝塚市立山手台中学校出身
女子ダンス部所属

高校生活では、所属していたダンス部の活動を頑張りました。コロナの影響で高校2年生からの大会はほとんど中止となりましたが、そんなときでも顧問の先生方やコーチは、私達に踊る環境を作ってくださったのでとても嬉しかったです。

大学受験は公募推薦、共通テスト、一般入試とさまざまな経験をしました。途中くじけそうなときも先生方や友達が寄りそってくれたので心強く、なんとか受験を乗り切れました。友達と切磋琢磨する中で、一緒に先生に質問に行ったり、教室や廊下で勉強したことが今となっては良い思い出です。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

箕面自由学園には、朝早くから下校時間までつき添い、手厚く指導してくださる先生方がおられます。私が高校3年間、塾へ行かず学校の勉強だけで大学に合格できたのは、そんな先生方のおかげだと思い、とても感謝しています。

大阪公立大学 現代システム科学域
藤家 照太さん
(特進コース入学 → スーパー特進コース 2022年卒)
池田市立石橋中学校出身
コンピュータ・ロボット研究会所属(1・2年生)、書道部所属(3年生)

私が高校生活で頑張ったことは、意識して主体的に行動することです。中学生時代は、学校やクラス行事、ボランティア活動に対して「面倒くさそう、楽しくなさそう」と初めから決めつけ、あまり積極的ではありませんでした。しかし、高校に入学してすぐに仲良くなった友人にボランティア活動に誘われ参加したときに、私の考えは変わりました。熱心に活動する先生や生徒と触れ合う中で、私も触発されて少しずつ積極的になっていきました。活動を通して、人とぶつかり悩みながらも喜び合うことを経験し、高校3年間で倍の6年分は成長できたと思います。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

箕面自由学園には一緒に挑戦してくれる仲間や支えてくれる先生方がいます。高校生活では、悩んだり迷ったりすることも多くあると思いますが、そんなときには先生に相談してみてください。本気で何かに取り組んでいる生徒には、本気で応じてくれる学校です。

京都産業大学 現代社会学部 健康スポーツ学科
難波 珠璃さん
(特進コース 2022年卒)
豊能町立吉川中学校出身
テニス部所属

所属していたテニス部では、何ごとも部員みんなで協力し、楽しみながら頑張ることができました。学校行事の中では、高校1年生の体育祭が学校外で行われたことが印象に残っています。リレーの時のバトンパスを、みんなで繰り返し練習したことも良い思い出です。コロナの影響で行事の数は減りましたが、自治会(生徒会)の方々がいろいろと工夫をしてくれたので楽しむことができました。

3年生になってからは、毎朝6時55分に学校に着いて朝学習を活用しました。赤本の問題を解いて、わからない問題は先生に聞きに行ったりしました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

箕面自由学園は、1教科あたりの先生の数が多く、質問をしたいときにできるのが良いです。本人の努力も必要ですが、先生方の手厚い指導のおかげで成績が伸ばすことができます。また生徒数が多く、たくさんの友達ができるところもおすすめです。

長崎大学 水産学部 水産学科
平井 俊哉さん
(特進コース入学 → スーパー特進コース 2022年卒)
箕面市立第一中学校出身

箕面自由学園に入って勉強の習慣を身につけることができました。中学生のときには、朝早くから夜まで勉強している自分なんてとても想像できませんでした。

高校生活での一番の思い出は部活動です。顧問の先生方は僕たち部員にたくさん時間を費やして指導してくださりました。きつい練習にも笑いながら取り組めるようになった僕たちは最高の仲間だと思います。

3年生の6月に受験に専念することを理由に部活動を退部しました。夏の大会でチームメイトがネットニュースに載っているのを見て少し羨ましかったですが、受験を理由に退部したからには第一志望校に合格して良い報告をチームメイトや顧問の先生にできることが一番だと思い頑張りました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

勉強もそうですが、各行事や部活動などは先生方も協力してくださりとても盛り上がります。勉強はしんどいときもありますが、その分楽しいこともたくさんある学校です。

龍谷大学 政策学部 政策学科
林 結花さん
(文理進学コース入学 → 特進コース 2022年卒)
豊中市立第十五中学校出身
陸上競技部所属

部活動は陸上部に所属していました。しんどいことやなかなか結果が出せずに苦しんだこともありましたけれど、仲間と支え合うことで楽しみながら乗り越えることができました。

コロナ禍で学校行事が中止になることもあり残念でしたが、自治会の皆さんのおかげで心に残る素晴らしい体育祭と文化祭ができ、良い思い出となりました。

勉強面ですごく大事だと感じたのは復習です。そのため放課後はほとんど毎日残って勉強し、日曜学習にも行きました。先生方は親身に指導をしてくださるし、質問や相談も気軽にしやすい雰囲気でした。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

将来のビジョンにあわせて学年毎にコースを変更できるところが、他校にはない箕面自由学園の特長だと思います。私は3年間すべて違うコースに在籍したのですが、自分を高めていくモチベーションにもなりますし、何よりたくさん友達ができたのが良かったです。

京都産業大学 現代社会学部 健康スポーツ学科
安田 裕敬さん
(特進コース 2022年卒)
池田市立渋谷中学校出身

高校生活では特に人間関係の面で成長できたと思います。初めは知り合いがおらず、人見知りだったので苦労しましたが、周囲の人に話しかける努力をしていくうちに、気があう人とたくさん出会いました。振り返ると、あのとき内気な自分が能動的に話しかけて良かったなと思いました。

勉強合宿では、勉強する習慣が身についただけでなく、先輩たちの合格体験談を聞けたことが自分の受験勉強にも役立ったと思います。志望校合格に向けてはスタディサプリをよく見ていました。英単語と古文単語などの暗記も継続してやりました。

中学生の方に向けて、箕面自由学園のおすすめポイントを教えてください。

箕面自由学園には、勉強をやろうという気持ちにさせてくれる環境が整っています。あとは自分の「本気で成績を上げたい」という気持ち次第で、いくらでも成績は上がると思いますし、それぐらい勉強や受験に関する指導が充実しています。

大阪大学 基礎工学部
宇髙 青さん
(スーパー特進コース 2021年卒)
豊中市立第十五中学校出身

勉強に関して2年生までは自主性に欠けるところがありましたが、先生の指導や仲間との交流をとおして、3年生になる頃には自主的に勉強に取り組めるようになったことで、志望校へ合格できたと思います。その過程では一緒に切磋琢磨できる仲間の存在が大きく、特進でもスーパー特進でもとてもいい雰囲気で勉強できました。また勉強を中心に置きながらも、行事も豊富にあるので仲間との結束がさらに高まり、勉強にもより集中できるという、いいサイクルで3年間を過ごせました。

最終的には先生からの提案で、大阪大学へは適塾入試へチャレンジすることにしました。面接での受け答えも自分なりに試行錯誤を重ね、多くの先生方のサポートにより合格することができました。

箕面自由学園には部活動をはじめ様々なことに情熱を持って取り組む人がたくさんいます。1学年の人数も多く、いろいろなところから刺激をもらえたことも良かったです。

大阪府立大学 現代システム科学域
平木 貴之さん
(スーパー特進コース 2021年卒)
池田市立北豊島中学校出身
アコースティックギター同好会所属

高校時代の一番の思い出は芸術祭です。クラス合唱では1か月くらいの時間をかけて準備をし、指揮者としてクラスをまとめていくことは大変でしたが、予選を勝ち抜き大阪国際会議場の舞台に立てたことはいい思い出です。

府立大は高2の夏にオープンキャンパスへ参加して興味を持ちました。高3の前半までは部活動も行っていたので、スキマ時間をうまく使いながら勉強との両立を図りました。睡眠時間は十分に取り、朝型の生活を続けたことで勉強の効率があがり合格に結びついたと思います。

中学生の皆さんだと「特進」という名前を聞くと勉強ばかりでしんどそうなイメージを持つかもしれません。しかし実際は勉強だけでなく、行事や部活も真剣に取り組むことができ充実した3年間を送ることができると思います。さまざまなコースがあるので、部活を中心に頑張る人もいれば、勉強に励み志望大学へ向かう人もいて、いろいろな刺激を受けることでしょう。

大阪府立大学 地域保健学域
森山 弘菜さん
(スーパー特進コース 2021年卒)
箕面自由学園中学校出身
女子フラッグフットボール部所属

高校ではフラッグフットボール部の活動を頑張りました。私たちが初代部員だったため、先生と仲間と一緒に優勝を目標にして部活をつくりあげてきました。頑張って練習をし、お互いにアドバイスをし、反省会をし、同期だけでなく後輩とも絆を築くことができた、一生の思い出です。この部活を通してあらためて仲間の大切さを実感しました。

もう一つ印象に残っているのは韓国研修です。韓国語はあいさつ程度しかできませんでしたが、思い切って参加しました。韓国のバディともすぐに打ち解け、今でも頻繁に連絡を取り合っています。コロナになり日本でマスクが不足していた時には、韓国から送ってくれてとても嬉しかったです。異文化交流を通し視野も広がりとてもいい経験になりました。

箕面自由学園は勉強や部活、デザインタイムや研修など、自分の興味のあることや好きなこと、将来のことを考えて自分で選択することができる学校です。

大阪府立大学 現代システム科学域
山本 嵐士さん
(特進コース 2021年卒)
箕面市立第三中学校出身

高校での思い出は、2週間のニュージーランドへの語学研修へ行ったことです。日本とは異なる文化や地元の方々と出会い、ものの見方や変わった良いきっかけでした。箕面自由学園にはそのような機会がたくさんあるので、ぜひ積極的に参加してみてください。

クラブ活動をしていませんでしたが、本格的に勉強に取り組んだのは高2の秋頃からでした。コロナで休校になった期間に、逆に今しか成長するタイミングはないと思い真剣に勉強をした結果、志望校に合格できたと思います。

箕面自由学園のいいところは、先生の質が非常にいいというところです。また自習の環境が整っているので、自発的に勉強する習慣が身につきます。困っていることがあったらすぐに先生に相談してみてください!親身にサポートしてくださるはずです。

滋賀大学 教育学部
江間 心さん
(特進コース 2021年卒)
箕面市立第一中学校出身
女子バスケットボール部所属

所属していたバスケ部では、しんどい練習でも声を掛け合いながらいっしょにやり抜いたチームメイト、芸術祭や体育祭で団結して優勝をめざしたクラスメイト、仲間の大切さを改めて感じた3年間でした。最後までやり抜く、仲間とともに励ましあう、これらのことは受験時にも大切なことなので、日々の積み重ねが3年間の大きな成長につながったと思います。

箕面自由学園は先生方が進路に関して全力でバックアップしてくれます。学力で臨む入試対策もとても手厚いですが、総合型や推薦型の特殊な入試にも一人ひとりのことをしっかり見て対応してくれます。私自身もAO入試で受験しましたが、本を読んで知識を得たり、授業の内容を要約したり、先生方のアドバイスをもとに努力をした結果合格できました。塾などは必要ない指導力と手厚いサポート体制が魅力だと思います。

秋田大学 理工学部
小寺 英樹さん
(特進コース 2021年卒)
豊中市立第三中学校出身

僕は自分の細くて弱々しい体が嫌いで高校1年生から2年生まではひたすらジムに通い体を鍛えました。ジムでは友人もできとても充実していました。3年生になってからは志望校合格に向け、すべての時間を勉強に費やしました。

将来は得意な物理を生かしてエンジニアとして活躍したという夢を持っています。そこで先生と話合い秋田大学を志望しました。合格へ向けては得意の物理を完璧にし、苦手教科に関してもあきらめず最後まで勉強をし続けました。常に先生方がサポートしてくれたおかげで、合格することができました。箕面自由学園は遊ぶときは遊ぶ、学ぶときは学ぶ、自分のやりたいことをとことん頑張れる、メリハリのある学校です。

広島市立大学 国際学部
出塚 祐真さん
(特進コース 2021年卒)
豊中市立第九中学校出身
射撃部所属

1年生で入部した射撃部での近畿大会出場が一番の思い出です。射撃という競技は試合時間が長く、自分との闘いであるため、集中力を高めメンタルを強くしていく必要がありました。そして射撃で身についた集中力と精神力をうまく受験に生かすことができ合格することができました。

進路は自分の夢である世界を舞台とした活躍ができるように、コミュニケーション力を中心に高めることができる大学を選びました。共通テストまでは自分の得意科目を伸ばすことに集中し、2次試験の前には各科目の学習時間がかたよらないように、まんべんなく勉強していました。

箕面自由学園は自分の行きたい進路実現に向けて、熱心に指導してくださる先生ばかりなので、先生と自分を信じて努力し続ければきっと自分の夢が実現できると思います。

富山大学 工学部
今井 規貴さん
(特進コース 2021年卒)
箕面市立第一中学校出身

志望大学は自分がやりたい医薬品に関連する研究をしたいという希望と受験科目を合わせて考え富山大学に決めました。大学の入試傾向を分析して、先生方に協力をしていただきながら、それに対応できるように学習を進めました。成績があまり上がらなかった時期は辛かったですが、いっしょに頑張っている友だちの存在で、自分もしっかりやろうという気持ちになれました。

中学校のときはそのような友人関係も限定的でしたが、高校では多くの仲間とつながりを持つことで、多様な視野を得ることができたし、コミュニケーション力も上がったと思います。

大学進学に関しては、間違いなく手厚く進路指導をしてもらえるので、おすすめの学校です。

宮崎大学 工学部
辻󠄀 紗綾さん
(特進コース 2021年卒)
箕面市立第一中学校出身
テニス部所属

高校生活では、テニス部に所属し素敵な同期や先輩、後輩に恵まれ毎日を楽しく過ごすことができました。その中で自分の意見を言う機会が増えて、中学校までは発信することが苦手でしたが、コミュニケーション力が高まったと思います。

また韓国研修では、韓国の文化を学び、交流を深める中で、日本の友達も韓国の友達もできてとても良い思い出です。

箕面自由学園は先生方が進路について親身に相談にのってくださり、質問に行くと親切に教えてくださりました。受験対策もしっかりと対応していただき、安心して臨むことができました。

宮崎公立大学 人文学部
黒川 悠惟さん
(特進コース 2021年卒)
箕面市立第四中学校出身

高校生活では勉強を頑張りました。その結果、特進Ⅱで入学して特進Ⅰに上がることができ、最終的には国公立大学へ合格できるまでに成長することができました。席替えの時には集中できるように前列を選んだり、2年生からは朝7時頃から登校して勉強する習慣をつけたりしました。わからないところが出てきたら、すぐに先生に質問にもいきました。忙しい中でもいつでも丁寧に教えてくださり、共通テスト後2次試験が終わるまでほぼ毎日サポートしていただき感謝しています。

3年間の勉強をとおして、目標をたてて実行することの大切さを学びました。

関西学院大学 教育学部
前田 花梨さん
(特進コース 2021年卒)
池田市立北豊島中学校出身
ダンス部所属

高校生活ではさまざまな学校行事が思い出です。特に芸術祭では、私はダンス部に所属していたので、大阪国際会議場の大きな舞台の上で、約2000人の観客を前に演技を披露できたことは本当に楽しかったです。体育祭も大きな大阪府立体育館で開催されるなど、大きな規模でイベントができたことはとても良かったです。

進路に関しては、幼児教育をめざしていたので、オープンキャンパスに行って志望校を決めました。AO入試で合格しましたが、そのための準備を友だちにも協力してもらいながら、先生方に丁寧に指導をしていただきました。箕面自由学園には幼稚園もあるので、幼稚園の先生方にも子どもや教育に関する知識を教えてもらう機会などもあり、学園全体でサポートしていただき感謝しています。

京都産業大学 現代社会学部
塩路 ひなたさん
(特進コース 2021年卒)
箕面市立第三中学校出身
ラクロス部所属

高校生活での思い出は、ラクロス部での活動です。クラブ見学で楽しそうだなあと思い入部しましたが、想像以上の難しさやしんどさにとてもつらいと感じることもありました。ですが、チームメイトと手を取り合い、シュートまで繋ぐことができたり、素晴らしい賞をいただけたりと、良い思い出をたくさん作ることができました。自分の代では副キャプテンを務めさせてもらい、チームを支えることの難しさや厳しさを改めて学ぶことができ、3年間で自分自身を成長させてくれた場所だと考えています。

私はAO、公募推薦、一般入試と様々な受験を経験しました。先生方はすべての受験で朝早くから放課後ギリギリまで付き添っていただき、たくさんアドバイスや指導をしてくれました。箕面自由学園の先生は、生徒に何かしてあげられることはないかと常に考えている方々ばかりです。

京都産業大学 経営学部
児玉 緋芽夏さん
(特進コース 2021年卒)
豊中市立第十二中学校出身

高校3年間では、日々の定期テストや授業は真剣に受け、特に行事についてはすべて全力で行いました。行事がとても好きなので、自分だけが頑張るのではなく、クラスの仲間と協力して作り上げていくことを心がけていました。特に1年生の時の芸術祭はいい思い出です。入学してすぐの学校行事で、クラスがまだまとまっていない時に、自分や友達の働きかけでクラスがまとまって、予選1位で金賞をとることができたのがとても印象深いです。

このような経験を経て、周りの変化や状況を考えて行動するようになったことが高校時代の一番の成長です。箕面自由学園は、さまざまな学校行事があることが魅力の一つだと思います。

大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部
高橋 創生さん
(特進コース 2021年卒)
豊中市立第九中学校出身

3年間では学校行事を一番頑張りました。2年生の時は体育祭委員長を務め、行事を円滑にすすめることができました。芸術祭や文化祭も自分が積極的に行動して、仲間を巻き込んでとても楽しめました。箕面自由学園の行事は規模が大きいのでいろいろな人と交流できる機会にもなりました。

修学旅行も忘れられない思い出です。沖縄のきれいな海に感動し、初めてやるマリンスポーツも思いっきり楽しめて、一番の思い出となっています。

進路に関しては、自分の家を自分で建てたいという夢をかなえるために、志望校を決定しました。同じ大学を目指す仲間といっしょに助け合いながら勉強をしました。

箕面自由学園は、勉強でも部活でも、自分たちが一生懸命やろうと思えば、先生方が全力でサポートしてくださる環境があります。何かを本気でやりたいという人にとって、うってつけの環境だと思います。

関西学院大学 経済学部
礒野 結菜さん
(特進コース 2021年卒)
豊中市立第十一中学校出身

私にとって高校生活は、コロナのこともあって、夢に向かって頑張った高校3年生の勉強のイメージが強いです。中学生の時の高校受験は特に目標もなく漫然と受けただけのものでした。併願先の箕面自由学園に入学してからもなかなか目標が定まらず「このまま自分はどうなってしまうのか」と焦っていましたが、大学受験は将来の夢に続くものと考え、目標を決めました。関西学院にオープンキャンパスで憧れを抱き、入試傾向をしっかりと意識し、合格するために必要な勉強を毎日やることとしてリスト化し勉強に臨みました。作業にならないように、丁寧に取り組むことを心がけていました。朝から晩まで「合格」という目標に向かって勉強するのはとても辛かったですが、思い返せばとても貴重な1年間でした。

勉強は自分自身が取り組むものではありますが、まわりの人たちに支えられていることを実感しました。特に先生方や日曜日も学校へ来て一緒に頑張ってくれる友達に感謝しています。

※コース名称は在籍当時のものです。