いのちの授業

10月の道徳では、いのちの大切さを学ぶ「いのちの授業」を実施しています。

本日の第2学年の授業では
山本先生は「生きるってなに?」を実施しました。
たかのてるこの「生きるってなに?」「逃げろ 生きろ 生き延びろ!」の2冊の絵本を使って「生きること」を考えました。

cache_Messagep211699.JPG

また、前田先生の授業では、「親を知る。自分を知る」を実施しました。
自分のことを知ること。
親のことを知ること。
親や祖父母のことを深く学び、改めて自分自身のルーツを考えました。
たった1人しかいないかけがえのない「いのち」であることを改めて学ぶ機会となりました。

cache_Messagep211701.JPG

また、3年生は心配蘇生法を学びました。

cache_Messagep211702.JPG

自分の「いのち」、周りの「いのち」を大切にできるみなさんであってください。
引き続き来週もいのちの授業が実施されます。



PAGETOP

幼稚園 小学校 中学校 高等学校