オーストラリア体験学校リアルタイム通信2

IMG_3620.JPGIMG_3644.JPGオーストラリア体験学校2日目の様子が引率の中林先生から以下のように報告がありました。 みんな歓迎を受けているようで安心しました。  今日は、朝からウェルカムパーティーをしていただきました。一年生から六年生までがホールに集合してのパーティーに参加させていただき、さくらやマチルダを披露させていただきました。先方様からは、六年生の児童による日本語での歓迎の挨拶とともに、2学年ごとに日本語の時間に習っている歌などを披露してもらい、とってもなごやかな会となりました。その後は、クラス毎のバディーと一緒に授業に参加、普通の授業の中に参加している様子が伺えました。特に、我々にために特別授業をしている様子はありませんでした。そこが今までとは違うかもしれません。詳細についてはのちほど、再度メールいたします。午後からは習字をグループ毎に子供達が披露して、それを真似て書くといったことや折り紙を使ってグループ毎に折り紙を一緒におって過ごしました。 事前の打ち合わせでは、習字セットは用意しますとのことでしたが、6人グループに習字の文鎮と筆が二本で、まわして書く形でした。文鎮も下敷きもなくお絵描きのような感じの授業になってしまいました。反省です。折り紙については、お任せでしたので、オリジナルで自分の得意なものを一緒におるという時間となりました。これも事前にめあてがあればよかったかもしれません。来週も、他の学年であるので少し検討します。3時すぎには、ホストファミリーが迎えに来てくださり、連絡事項を伝えたあとそれぞれのご家庭でお世話になっています。