「チャンスの前髪をつかめ」

4月22日(木)、総合学習特別講座「チャンスの前髪をつかめ〜ヨーコのアメリカ大陸平和行脚〜」を開催しました。

 講師は本校教員の塩川葉子先生。兵庫県西宮市で生まれ、大学卒業後、2年間教壇に立ち、82年初渡米。その後、単身、北米及び中南米各地の学校を回り、社会科の時間に原爆映画を見せる「平和行脚」を行い、約3年の間に1万6000人以上の子どもたちに被曝のメッセージを伝えた経歴を持ち、「ネバー•アゲイン•キャンペーン」の日本側事務局として活躍もされていました。

 講座では、海外旅行で気づいた己の無知、それを自覚してからの行動、海外で原爆についての講演をすることになった経緯など、さまざまなことを赤裸々に語っている姿が非常に印象的でした。

講座終了後、皆んな「感動した!」表情で大きな拍手を送っていました。また、塩川先生に直接お礼を言っている生徒の姿も見受けられました。

感想文には「こんなに真剣に話を聞いたのは初めてだった。」「先生の話を聞いて、自分も自分なりに頑張ろうと思った。」「夢を叶えようと思った。」「なんでもすぐにあきらめないで、ちょっと頑張ってみようと思った。」というものがあり、今後の生徒たちの成長が期待できる講座でした。

今回、お話しくださった内容がもっと詳しく書かれた本が本校の図書館にあります。ぜひ読んでみてください!