2年 キャンパスツアー(神戸大)

5月17日(金)

中間考査終了後、2年生の希望者を対象に神戸大学深江キャンパスへの見学ツアーを実施しました。(1年次に神戸大学六甲地区キャンパスへの見学ツアーを実施しています。)

モニュメント前にて

神戸大学深江キャンパスは、海洋科学技術の研究と教育に特化した施設であり、最新の研究成果や充実した学習環境を直接体験できる貴重な機会でした。

本校のために案内看板を出していただきました。

キャンパスに到着すると、まずは神戸大学のスタッフによる歓迎の挨拶と、キャンパスの概要説明が行われました。神戸大学深江キャンパスは、世界的にも評価の高い教育機関であり、海洋科学分野での研究が注目されています。説明を聞いた生徒たちは、その先進的な取り組みに興味津々でした。

沖本先生による海洋政策科学部の説明

続いて、キャンパスツアーが行われました。今回は大学の授業が開講している時間のツアーということもあり、海事博物館を見学しました。学芸員さんによるオリジナルツアーを実施していただき、海洋科学に関する専門書やモデル、資料が所狭しと並んでいました。生徒たちは、豊富な資料に感心し、自らの学びへの意欲を高めていました。

学芸員さんによるオリジナルツアー

見学会の最後には、質疑応答が行われました。大学生活や研究活動のリアルな話を聞くことができ、将来の進路選択に向けた具体的なイメージを持つことができたようです。生徒たちは、自らの目標を明確にし、大学進学への意欲を一層高めていました。

多岐に渡る分野の質問が出ました

このキャンパスツアーを通じて、生徒たちは神戸大学深江キャンパスの魅力を肌で感じることができました。特に、最先端の研究施設や充実した学習環境に触れることで、自らの学びの意義を再確認するとともに、将来の進路について具体的なイメージを持つ良い機会となりました。今後も、このような貴重な体験を通じて、生徒たちが自らの未来を切り拓いていくことを期待しています。

附属実習船「海神丸」の前で