わくわくHOME活動報告

今週の取り組みは制作タイム~世界に1つだけのオリジナルプラ板作り~を行いました。

プラバンとは絵を描いて加熱すると縮むプラスチック板です。作り方やコツも簡単なので子どもたちが大好きな遊びです。プラバン遊びは、プラスチックの板が加熱によって元に戻ろうとする性質を利用した、科学遊びです。

短時間で手軽に科学の力を体感しながら、キーホルダーなどを自作できるので、加熱すると自分が描いた絵がくしゃくしゃっと縮んで、厚みのあるプレートに変わる不思議さに、どんどん子どもたちは夢中になっていきます。

ipadを使い好きな題材を選んだり、自分が想像したキャラクターを描いたりと、すぐに時間は過ぎていきました♪

わくわくHOMEで使用している連絡帳袋にぶら下げて、お家に帰ってからも眺めて欲しいと思います。

わくわくHOME 大藤