わくわくHOME活動報告

今回は季節限定のプログラム『焚き火タイム』を実施しました。

子どもたちには、焼きマシュマロや、せんべい、クッキー等を焼いて食べてもらいました。

出来立てホヤホヤは、美味しい!!あっという間になくなってしまいました。

美味しく食べるだけではなく、「火」についての学習を交え、安全に火を扱うことも学びました。

火が消えそうになったら、薪を組んで風通しを良くする方法も習得!。

いつも元気いっぱい騒がしい子どもたちですが、焚き火台を囲みながら、手をかざしてとり、ゆったりとした時間を過ごしました。

焚き火で揺られた火を眺めながら、来年度はどんなことを頑張りたいか!など発表してくれる子もいました♪

今回の焚火企画は、『語らいの場』となり、異学年の絆を深めるとともに、心を落ち着かせ自分と向き合い、明日への活動力に繋がったことと思います。

わくわくHOME 大藤