わくわくHOME活動報告

自然豊かな本校の特色を活かして、先日の土曜日の活動で、ブランコを手作りしました♪

安全で楽しい遊びを試行錯誤しながら、自分たちの手で作り上げることは、より深く物事を考える力に繋がります。また 何よりも、外で気持ちの良い風を感じながら、仲間と共に同じ時間を共有する!これが一番大切なことなのです。

教室では、ロープワーク/もやい結びを含めて学びました。子どもたちへ、「怪我をしない遊具にするためにはどうすればいいですか?」と問いかけると、「遊び方のルール&スポンジ素材」など、積極的に発言してくれました。

子どもたちの探求心には感心させられることが多く、用意しておいた材料だけではなく、「ブランコが出来る木を学園の中で探しに行こう!」とペアになり探検隊が捜索♪

学園内で、ブランコを吊り下げることが可能な木は、全部で5カ所見つかり、高学年が、全員の意見を取りまとめ、1か所に絞って吊り下げました。

ハシゴを使い、縄を木にしっかりと引っかけて、周りの障害物を確認!縄の撓みの確認を行い、いざ!チャレンジ★

「大成功!」と言わんばかりの『満面の笑み★』

自分たちの手で作り上げる事の面白さを感じる時間を子どもたちと共に過ごす事ができました!

わくわくHOME 大藤