学校説明会にご参加いただいた皆様

本日は『学校説明会』にご参加いただき、ありがとうございました。

本校の教育方針や各教科での取り組みをご理解いただけましたら幸いです。本日いただきましたご質問内容をまとめましたので、お時間があります時にご覧ください。

次回の入試説明会・体験会もお待ちしております。

●学校生活について

Q1.給食が苦手な子に対して、どのように接しているのか?

A1.本校は自校給食となっており、栄養士が栄養バランスを考えて調理しております。その観点から、苦手なものでも少しずつ食べることができるように、子どもたちには促しております。給食の時間には、教室に栄養士が来て、『食育』についてのお話しもありますので、子どもたちは自然と苦手なものでも挑戦できるようになってきています。

Q2.高学年の生活や姿も見たい

A2.本来であれば『授業見学会』を行い、児童たちの様子を見ていただくのですが、このような状況ですので、今年度は、実施できません。小学校へお問合せいただければ、日程を調整して、zoomでの授業案内などをさせていただきます。

●授業について

Q1.図工や家庭科の授業なども高学年になったらあるのか?

A1.もちろんございます。本校は一条校ですので、基本的には小学校で学ぶ教科は、国公立学校と変わりません。

Q2.zoomやオンライン、まなBOXなど、コロナ休校中はどのように取り組んでいたのか?

A2.まなBOXについては、これまでの学びをデジタルで取りためたり、また予習してほしい事柄などを文章や動画で事前発信することで、活用してきました。今回の休校期間中は、各教科担当教員からまなBOXへ課題発信し、提出ができるようにプログラムを組んで行っていました。また、児童たちとの顔を見て、言葉のキャッチボールをしながら学びを深めていく教科・単元については、zoomで授業を進めていました。3・4月は、まなBOXを中心に活用し、5月は時間割を組んでzoomでの授業を行っていました。

Q3.公立学校よりコマ数が多い分、何かが削減されているのか?

A3.削減しておりません。土曜日登校や6時間授業の日数を多くすることや、朝の時間の活用など工夫をしながら行っております。

Q4.国語は、発展コース以外でも俳句や帯などを創作する経験は可能か?

A4.コースに関係なく、教科書に書かれていない事柄についても触れながら学習を進めています。

Q5.インターナショナルスクール出身ではなくても、英語はついていけるのか?

A5.本校はインターナショナルスクール出身の園児ばかりではありません。そのような環境ではない幼稚園から来られている児童も、着実に英語力を身につけています。英語のお話しの際、ご覧いただいたレシテーション動画は、インターナショナルスクール出身の児童ではございません。

Q6.英語教育の時間は毎日1時間、週5時間となるのか?

A6.毎日1時間、週5時間となります。ただし、進学コースに進まれた場合につきましては、3時間となります。

●入試について

Q1.募集要項にある定員50名に達すれば2クラスに分かれるのか?

A1.入学者が50名に達すれば、2クラス運営となります。

Q2.A日程の体験型・標準型の両方を受験した場合、一方が合格ラインに満たず、もう一方が合格ラインを越えていた場合、合否はどうなるのか?

A2.もちろん合格基準に達している場合は、どちらか一方であっても合格となります。

Q3.入試の運動はどのような感じなのか?

A3.例年でお伝えしますと、サーキット運動、なわとび、指示行動やグループ活動となります。ただし、今年度につきましてはグループでの活動は行わない方向で検討しております。

Q4.A日程・B日程での合格者数(募集数)の予定は?

A4.A日程で募集定員の50名に近くなれば、B日程は若干名での募集となります。ぜひともA日程専願でご受験ください。

●その他

Q1.発展コースに所属して、難関中学受験をされる方はいるのか?

A1.いらっしゃいます。コース制を導入する前も、本校は中学受験を応援する小学校でした。コース選びにつきましては、ご家庭の方針やお子様の性格等も考えながら選択していただいております。

Q2.発展コースと進学コースに進む割合について

A2.コース制を導入して2年が経ちました。発展コース〇名、進学コース〇名という定員を決めておりません。3年生の12月(2018・19年度実績)の進学コース認定試験を受験していただき、学力の面で一定の基礎学力が備わっていることや生活面での様子などを判断し、進学コースへの入学を可能としています。

Q3.アフタースクールは、1~6年生、全員同じ曜日・時間帯に行うのか?

A3.わくわくHOMEにつきましては、全学年での活動となります。ただし、授業終了時刻が違うので、全体の活動としては、全学年がそろってからとなります。

  アフタースクール(課外講座)につきましては、講座によっては、学齢により差がありますので、別々の時間帯としています。

Q4.わくわくHOMEに通いながら、アフタースクールにも参加できるか?

A4.可能です。アフタースクール(課外講座)受講時間のみ、わくわくHOMEを抜けて課外講座へ参加します。

Q5.アフタースクールの時間、内容、金額などを知りたい

A5.課外講師の予定もありますので、年度によって変更されます。今年度実績につきましては、次回の説明会時に資料をお渡しさせていただきます。