部分日食を見よう!

本日、21日16時頃から、日本全国で、太陽の一部が月に隠れる部分日食が起こります。太陽が一番欠けるのは、17時10分頃ですが、16時から18時にかけての約2時間、見られます。ただし、直接太陽を見たり、黒い下敷きなどでみると目を傷めますので、日食眼鏡(遮光板)がない人は、小さな穴を通った光で楽しんでください。

ペットボトルのキャップに『千枚通し』などで1~2ミリの穴をいくつかあけてください。

そこを通った光を手や紙に当てると、三日月のような形に見えます。小さな穴を通った光は、元の形をうつすので、欠けた太陽の形が小さい三日月に見えるというわけです。また、葉の生い茂った木下の木漏れ日も三日月形に見えますよ!

今日は、夏至で、太陽が一番北寄りに沈むので、北西の方角で見通しが良いところで観察してみてくださいね!