夏の体験学校【4・5年生】

今日は、滋賀県高島市へ『夏の体験学校(4・5年生)』に行ってきました!

例年であれば、7月末に臨海学校として、海で遠泳をしたり、磯観察をしたり、アクティビティで楽しむ2泊3日の伝統行事があります。今年は、コロナの関係で日帰りで、本来であれば中止のところですが、児童たちの体験活動の場を少しでも設けたいと思い、感染防止策を万全に整え実施しました。

めあて

1.水の事故を学び、安全に活動できるようになる

2.『力を合わせることの大切さ』と『思いやりの尊さ』を学ぶ

午前には、着衣泳を行い、水の事故で『自分の命』や『他の人の命』を守る方法を教えていただきました。

午後には『イカダづくり体験』を行い、軽自動車を載せても沈まないくらいのイカダをつくり、そのイカダでレースをしました。体験活動の様子から、班で協力することや、お友だちを思いやる気持ちの大切さを学んだことでしょう!

箕面自由学園小学校は、体験活動が多い学校です。もちろん勉強も必要ですが、行事を通してお友だちとの絆を深めることや、心を豊かに耕すことなど小学校時代にこそ育んでおきたい力を大切にしています。