大阪880万人訓練

今日は、南海トラフ巨大地震発生からの大津波警報を想定した『大阪880万人訓練』が実施されました。

箕面自由学園小学校でも、様々な情報源から地震・津波発生の情報を認識し、地震・津波発生時に行動できるようにすることを目的として訓練に参加しました。

屋外への避難は行いませんでしたが、避難ルートと『お(さない)・は(しらない)・し(ゃべらない)・も(どらない)』など、緊急時の対応の再確認をしました。

いつ何時、どのような緊急事態が起こるかわかりません。そんなとき、素早く適切な対応がとれるように、一人一人が自分の命を守る方法を身につける必要があります。本校では、様々な緊急事態を想定した訓練を年間に複数回行っております。