この〜木何の木?気になる木〜❗️

小学校の職員室前に、大きな大きな『読書の木』を掲示しました!

これは、国語専科の池村先生が企画した取り組みで、1〜3年生を対象としています。子どもたちがたくさんの良書に触れ、考える力やまとめる力、書く力に繋げていくことを目的としています。さらに、お友だちに本を紹介することで、その反応に対する喜びを知る(本好きへの入口)きっかけになればと思っています!

本をたくさん読むことは、語彙力、読解力、速読力につながります。どれも、これから必要とされる力です!