夏休みの研修

夏休みは、行事カリキュラムや教科の研修など、子どもたちがより充実した学校生活を送れるように、教員研修を行っています。

今日は、国語の教科研修を行いました。講師には、多賀 一郎先生(多賀先生は、私立小学校に長年お勤めになり、現在は教員研修や自身の著者本などを執筆されている国語界で著名な先生です。)をお招きし、新学習指導要領での子どもたちの学びについて、模擬授業を織り交ぜながらお話しいただきました。

新学習指導要領となり、各教科での学びも大きく変化しています。私たち教員も指導方法にアップデートが必要です。

多賀先生のお話を聴くことで、日頃の教科指導の良い刺激となり、国語教育の大切さを再確認でき、有意義な研修時間を過ごすことができました。

この研修を2学期からの授業に活かしていきたいと思います。