インタビュー記事のご紹介

小学校受験の情報サイト「お受験じょうほう」様に、小学校校長就任にあたり取材をしていただきました。ありがとうございました。

この小学校へ着任して感じたこと、今後取り組むべきことについてお話しています。

一部、記事から抜粋してご紹介いたします。

人間としての原点を大切に育てる

日々達成感を得て、自分は有用な人間であると感じられることは、子ども達が大きくなり社会に出ていく時にもとても大切です。

田中校長は「大きく職業観が変わりつつある今の社会において、例えば何か高度な資格を取得すれば将来は安泰といった従来の成功の方程式は通用しません。しかし、いかに社会が変わろうとも、そしてどんな仕事でも、+αの工夫ができる人は必要とされます。創意工夫とは、自己否定から始まる人間からではなく、自分はやれる・やってみようと思う人間から生まれます。そういう人間を育てていきたいですね」と熱く語ります。

続けて、田中校長はコロナ禍を経て人のつながりが薄くなっている今、改めて人とつながる力を育んで行きたいと話します。

「人間だからうまく行かない時、しんどい時も当然あります。その時にどう持ち直すか。もちろん、自分の力だけで戻れる子もいますが、仲間の力も大きいのではないでしょうか。そのために人とつながる力を備えていることは、とても大切です。利害関係のない中で人とつながる力を育むのは、大学や社会人になると難しい。だから小中高の間に、その力を育んでいきたいと思っています」


全文は以下より、1年生担任の信枝先生のインタビューも掲載されていますので、ぜひご一読ください。

 

箕面自由学園小学校